婚約指輪を渡すタイミング

結婚を決めた二人が、婚約をして愛情の証として婚約指輪を贈るというのが定番になりつつありますが、でも、今は婚約をしたといっても、結納をする人も減っていたり、婚約をしたという特別なことをしない人も増えているので、婚約指輪ってどうするのだろう?なんて、特に男性は思っている人もいるのではないでしょうか?婚約指輪といえば、プロポーズする時に渡すというシチュエーションが、映画のシーンなどでありますが、実際に他のカップルはそんな風に婚約指輪を贈っているのでしょうか?確かに映画のワンシーンの様な渡され方、女性は憧れてしまうものだと思います。

しかし、実際にあの様に婚約指輪を渡すという人はあまりいない様です。

ホッとした男性も多いのではないでしょうか?婚約指輪といえば、それなりのお値段がするものなのですが、もしもサプライズ的に贈るとなった場合、男性は自分でこっそり婚約指輪を準備しなくてはならないのです。

よほど彼女の好みを知っていれば良いのですが、婚約指輪はその場限りのものではないし、どうせ贈るのであれば、彼女が最も気にいったデザインのものにして喜んでもらいたいのではないでしょうか。

ですから、婚約指輪というのは、実際は二人で見に行って選んで購入するというパターンがほとんどなのです。

婚約指輪を渡すタイミングは、結婚を決めた時以降であり、特別に決まっているということは無い様です。

でも、一緒に買いに行ったとしても、改めて場を作って、婚約者に贈るというシチュエーションを作っても喜ばれるかもしれません。